地元工務店と土地探しをして実際にあったメリット

未分類

サク男です。


メリットと書くと利用しているようで嫌ですが、これから家を建てようとしている方にはメリットは多いかもしれません。

サク男
サク男

良い土地かどうかわからん。

良さそうだけど判断に迷う。


私自身、上記のように考える場面は非常に多かったです。

土地選びはハウスメーカーや工務店選びより重要な部分なはず。

極端なことを言えば土砂崩れがあったらどんな家でも潰れてしまう訳ですから。

この記事では地元の工務店と土地探しをして良かったと思うことを記載しますので、検討中の方は参考にして頂けると思います。

フットワークが良い

とにかくフットワークが良いです。大手ハウスメーカーはこうはいかないのでは無いでしょうか?

土地探しはタイミングとスピード

土地探しはスピードが大事です。土地の情報が不動産情報サイトに掲載されたら、すぐに現地確認して気に入れば買付契約書を提出する必要があります


私が土地探しを2年行った中で、これがワンテンポ遅く購入に至れなかった土地が2件あります。これは工務店云々より私がモタモタしていただけですが。

不動産売買の「買付証明書」とは? 作成するメリットや注意点、効力、書き方を解説! - 住まいのお役立ち記事
購入希望者から提出される買付証明書は、「物件をこの金額、条件で購入したい」という意思が示されており、そこに書かれた条件をもとに交渉をスタートします。SUUMOでは買付証明書の役割やメリット、注意点を解説します。

ただ、土地の形状によっては間取りに制限があったり、どんな家が建てれるかもわからないのに、すぐ決めなければならないとなると結構大変ですし、何より不安はあると思います。

すぐに間取りを提案してくれる

そんな時、地元工務店であれば(工務店にも寄ると思いますが)土地に対してすぐに間取りを提案してくれます。設計士さんと営業が近い、あるいは割となんでもやる方が多いからというのもありそうです。

簡易的な図面でしたが、イメージするには十分

間取りのイメージは土地の購入に際して重要な判断材料になるはずです。このスピード感は非常に助かりました


情報サイトの情報を送ると、私より先にその土地に出向いて調べてくれたりしたレベルでしたから。

経験が豊富

月並みですが、経験が豊富です。

建てた数が桁違い

私が依頼した工務店は40年以上の歴史があるところなので、家を建てるのが初めての私とはレベルが違います。


この経験の差は如何ともしがたいです。何軒も家を建てる中で、良い土地と悪い土地がすぐにわかるようになっているはずです。最も「建てれさえすれば良い」のように売ることしか考えていない工務店の場合は論外ですが、地元の口コミの影響を大きく受けるような地元工務店ではそのような所は少ないのでは無いでしょうか?

40坪では広めの庭は厳しい・・・

大手ハウスメーカーとやりとりしていた時は広めの庭が欲しいと伝えていましたがハウスメーカーの分譲地をかなり勧められました。数百坪の土地を40坪づつ分筆した土地でとても庭を作れるような土地ではありませんでした



営業の方や社員の方にもよると思いますが、私が家を建てる目的をちゃんと理解してくれる方だったので、その目的に合っているか否かを考えて、良いか悪いかについてアドバイスしてもらうことが出来ました。


また、その地域に精通しているというのもメリットの一つです。市や町が違えばかかってくる税金や補助金も異なってきます。土砂災害やざっくりとした地盤の状態にも詳しいかもしれません。この辺りは勉強すればわかることなので、大手との差は無いかもしれません。

注意点〜地元工務店も様々〜

地元工務店といっても様々。私の場合、同じ土地でも工務店で意見が割れることがありました。

工務店によって意見が違う

先述の通り、私は土地探しに2年間かかりました。2年近くお世話になりましたが、その中で「ここは止めておいた方が良い」のようなアドバイス頂くことがあり、結局それが工務店選びの決め手になりました(嫁さん談)。


その時は工務店はA社かB社かで決めかねており、良さそうな土地の買付契約書を提出し、各種手続きを進めるところまで行っていました。崖沿いで地盤的に不安なところであったため、地盤調査を購入前に行い判断しようということになり、調査を実施

少し崖になっている


その結果、問題なしということになりました。


ですが、やはり崖沿いということもあり、地盤が安全だとしても何か不安。ということで検討しかかっていたB社の工務店にも見てもらうことにしたところ、「建てたいなら止めはしないけど、ここを勧めるようになったら工務店は止めます」というコメントがあり、結局土地の購入は見送ることにし、A社も止めることになりました。


このように工務店によっても意見が異なります。B社の方は「奥さんは家に安心安全を求めている、地盤が安全だとしてもその不安をずっと抱えて生活するのは嫌じゃ無い?」とおっしゃっていました。

昨今の土砂崩れの多さは流石に不安


確かに地盤が安全だとしてもこれだけ土砂崩れがある昨今、数値だけでは測れない部分があるはず。これがきっかけで妻がB社派となり、土地は決まらなかったけど工務店は決まる結果となりました。

まとめ

結局のところ

  • フットワークの良さ
  • 経験が豊富で地域に精通している

というところからアドバイスを得やすかったということになります。

土地探しは時間との勝負な面もあります。土地か工務店どちらが先かという話ですが、工務店がある程度決まっていないと、今回のようなメリットは受けにくいので工務店を決めておくことをオススメします。

家選び、土地探しのヒントになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました